車買取に起きやすいトラブル

1box2中古車の買取をしてもらう際は、買取店との間でトラブルになってしまうことも多々あります。理由としては、ほとんどが金銭面のトラブルでしょう。売る側はなるべく高く売りたい、買取する側はなるべく安く買取りたいと思うのが普通です。双方の意見の食い違いなどを未然に防ぐために、どういったことに気を付けるべきかを、説明していきたいと思います。

事前の査定金額より価格を下げられる

もっとも多いトラブルが、事前に伝えられていた査定金額より、減額された金額を提示されるといったケースです。これは、実際の車を見せる前に電話やメールで査定してもらい、見てもらった後で減額されてしまうというパターン、または契約した後に、何らかの理由で金額を下げられるパターンがあります。減額される理由のほとんどが、過去に修理歴があった、傷や故障が見つかった、事故車だったなどです。

トラブルを防ぐためには

こういったトラブルを防ぐためには、売る側は必ず複数の業者に査定してもらうようにしましょう。中には、人気の車種なのですぐに買取りたいと、高額な買取価格で執拗に勧誘してくるところもあるようです。しかしそういった勧誘をしてくるところは、客の都合を考えず強引なやり方をしてきて、後々トラブルになる可能性が高いです。きちんとお客様の立場に立って対応してくれるところなのかを見極めることが大事です。買取価格だけに惑わされてはなりません。

また買取側は再査定制度というものを採用しているところがあります。再査定の結果、事故車などと判断され価格を下げられるようなこともあるようです。本当に事故車であったことが事実であれば、ある程度仕方はありません。しかしそうでないなら、必ず買取点に証明書の提示を求め、事実確認をしましょう。

査定額が後から変わった場合は、キャンセルできるのかどうかも確認しておくとより安心です。まれに、売買契約後にキャンセルした場合にキャンセル料として10万円以上を支払わなければならないと契約書に書いてあることもあります。その場合は、いつまでならキャンセルの申し出ができるのかも確認しておきましょう。本来であれば、再査定制度を取っていないお店を選びたいところです。

名義変更も忘れてはならない

そして忘れてはならないのが名義変更です。車が自分の手元にない状態なのに、名義変更が行われていないがために問題が発生するケースがあります。例えば新たな車の持ち主が車で事故を起こしたり、速度違反などを犯したりすると、前の持ち主に連絡がくることもあります。また自動車納税通知書が来て、所有もしていないのに税金を支払わなければならないこともあります。

まずは信頼できる買取業者を選び、売買契約時に名義変更の確認をしっかりとしておくことが大切です。もし不安であれば、行政書士などの専門家に助けを借りることも時には必要です。

査定金額、売買契約後のキャンセル、そして名義変更、この三つがトラブルになりやすい事例です。これらは、自分自身の確認不足で起こる可能性も十分にあります。未然に防ぐために、買取店と綿密に話し合いをし、契約書も細部まで確認するようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。