車買取のタイミング

プリント車買取には、実は通常よりも高く売れるタイミングがあります。本来は売りたい時に売るのが良いのかもしれませが、中には出来る限り高額で買い取ってもらうにはどうすればよいのか模索する人も多いでしょう。ここでは、どういう時期が高く買取ってもらいやすいのか、また売り手に得なのかを説明していきたいと思います。

決算時期やボーナス前に売る

日本の企業は一般的に、3月が決算の時期になっております。この決算前というのは、企業は何とか業績を上げようと必死になります。それは車業界も同じです。新車購入もこの時期に行うのがよいとされておりますが、中古車販売も伸びる時期なのです。中古車の需要が増えるということは供給も比例して増えます。よって車買取を積極的に行う店舗が多くなるのです。

販売店は車が必要なので、何とか買取ろうと必死です。そのため通常より高い値段で買取ってくれることが多いのです。中にはキャンペーンなどで、どんな車でも何万円以上で買取ります、といった施策を行う店舗もあります。もし普段では値段がつけられない車を持っている人はまさに狙い目です。

夏や冬のボーナス時期も、車を購入する人が多くなる時期です。ボーナス時期はどんな業界も大々的にセールや大売り出しを行います。売り手はそこを狙って高額買取りにこぎつけましょう。

モデルチェンジ前に売る

メーカーがモデルチェンジを行うと、旧式のものは必ず需要が落ちます。消費者は新しいモデルに目移りするからです。それはマイナーチェンジであってもフルモデルチェンジであっても同じです。需要が落ちるということはそれだけ価格も下がります。よって、メーカーチェンジする前に売るのがよいのです。

また、同車種だけではなく、他社メーカーの同じタイプの新車が出た時も、旧タイプの買取り価格が下がることが多いのです。売る側は、常にCMやニュース、インターネット、雑誌などでモデルチェンジが行われる時期を把握しておくことが大切になります。

車検前に売る

車検前に売ることも、売り手が得をする一つの手段です。これは車検前が決して車が高く売れるわけではありません。むしろ車検の残り期間というのは査定に影響するので、車検を通した後の方が高く売れます。

ただ、車検には多くの費用が発生します。法定費用、手数料、整備修理費用といったものです。これらの金額が査定金額に上乗せされるかというと、決してそういう訳ではありません。車検前後の買取り価格の差額と比べても、車検にかかる費用の方が圧倒的に高いのです。よって、中古車は、車検が近かろうがまだ残ってようが、車検前に売るのがベストなのです。

すぐにまとまったお金が必要である場合は仕方ありません。しかし、もしそうでないなら、高く売れる時期になるまで待つ方が賢明です。車の市場の流れを理解すること、自分の車の状態を把握することが何より大切です。どうせ同じ売るなら、少しでも高く売れる時期まで我慢しましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。