車買取の交渉のコツ

救急車車買取の時に、業者の言いなりになってはいけません。高く買い取ってもらうために上手く交渉する必要があります。どうしても相手の方がその道の専門、いわばプロなので、一歩引いてしまうこともあるかと思います。でもそこで妥協せず、査定額を上げてもらえるように交渉を進めると、より良い取引ができるようになります。ここでは、車を高く買ってもらうためのノウハウをいくつか紹介いたします。


買取価格計算機
年式や走行距離などから買取価格をシミュレートして計算する。

希望額を高めに設定し、とにかく粘る

まずは自分の車の相場を知り、その金額より高めの金額を買取希望価格に設定しましょう。例えばあなたの車の相場価格が100万円だったとします。それを知らず店舗に希望買取価格を聞かれた時に、80万円程と言ってしまうと、店舗側は必ず80万円前後で交渉してきます。これでは本来の買取価格より20万円損していることになります。

この場合は、自分の希望価格を120万円と伝えましょう。ただそれでは買取側が当然その価格ではと難色を示します。そこからが交渉のスタートです。例え無理ですと言われても、ここは譲れないと主張することで、向こうも折り合いをつけようと頑張ります。そしてお互いの妥協点はおそらく、100万円と120万円の間で収まるでしょう。そうなれば、相場よりも高い価格で売ることができたので、交渉成功と言えます。

他社を上手く利用する

他社にしてもらった見積もりの中で、一番高い金額のものを所持し、それを引き合いに出しましょう。よく家電量販店などで、他店の広告やチラシを持っていき、そこに載っている金額より安くしてもらうといったサービスがあります。まさにあのイメージです。インターネットの一括見積もりでもかまいません。さまざまな店舗で見積もりを出してもらいそれを自分の武器にします。

買取業者は車を買取りそれを再度転売することで利益を出します。よって、車がなければ商売になりません。他社に取られる前に何とか買取ろうとするものです。そこを上手く利用しましょう。理想は3~4社で競わせることです。あまり多すぎると時間がかかりすぎて効率が悪いです。またあまりやりすぎて、どんどん競わせてしまうと、相手側の限界を超えて向こうが引いてしまいます。ギリギリのところを見極めて、上手く交渉しましょう。

即決をちらつかせる

営業の方は、何とか契約をすぐに取り付けたいものです。お客様に検討しますと言われ帰られてしまうと、失敗といっても過言ではありません。よって、即決してくれることがベストなのです。

すぐに決めてもらうために、店舗側も色々武器を隠しております。車買取であれば、査定額を上げることが一番の武器です。契約がその場で決まるなら、最初に提示される額よりいくらか上げてもよい幅が必ずあります。それを即決をちらつかせることで、ぎりぎりまで引き出すのです。即決こそが売り手に与えられた一番の強みなのです。

相手はプロなので、交渉するにはなかなか勇気がいります。でもせっかくの車買取なので、1円でも高く買取ってもらいたいです。買取ってもらうではなく、買い取らせてあげるという意識を持ち、自分が得をするように上手い交渉術を身につけましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。