オークション代行とは

私達は自動車を売るとき、新車に買い替える場合、新車ディーラーや自動車の買取業者に依頼するのが一般的です。少しでも高く売りたいなんて思わなければそのまま新車ディーラーに下取ってもらえば手間が省けますし、面倒がありません。
いや、もう少し高値で売りたいと思えば中古車買取専門店で査定してもらい、売却するのもいいでしょう。
インターネットであらかじめ相場を調べておくと大体の金額はを知ることが出来、その上で値段交渉にのぞむことも出来ます。
手間を惜しまなければあらゆる選択肢があり、単体、あるいは組み合わせて高値を勝ち取ることは簡単に出来ることなのです。

それでも更に高く売る手段は無いのでしょうか。買取業者は買取った値段に利益を上乗せして販売するのですが、結構利幅は大きいようです。高値で買取ってもらったつもりでも安値で買い叩かれていたなんてこともあるようなので注意するようにしたいものです。それらの心配が不要なのが中古車オークションに出品して高値で売ることです。勿論、誰でも参加出来るわけでは無いのですが代行業者に頼めば可能になります。買取専門店が買取った自動車のほとんどがオークションで売られているといわれています。

出品の費用

オークション代行業者に支払うオークション代行手数料がかかります。業者によって幅が結構あり確認が必要です。
オークション主催者に支払うオークション出品料、成約料(落札されない場合出品料のみがかかります。)
自分で持ち込めない場合陸送料が別途必要です。

メリット

わずかな費用で卸値で売ることが可能になります。事前の打ち合わせで、希望売却値段を自分で決めることが自由に出来ますし、さらにリサイクル料や消費税も受け取れますので大いに期待出来ます。(業者に要確認)売るだけではなく、卸値で買うことも可能になります。中古車販売店が買う値段で購入可能なので、グレードアップで考えることも可能になります。

デメリット

クレーム期間が設けられていて、その期間は売却代金を受け取ることが出来ません。(通常1週間程度)落札されなかった場合でも代行費用、出品料がかかります。何回も落札されない場合痛手になります。
信頼出来る代行業者の洗濯も重要で、悪質な業者を選択してしまった場合、最悪自動車や落札代金の持ち逃げあるいは車両代金の誤魔化しなどのトラブルが考えられます。いずれにしてもどんな業種でも信頼出来る業者を見つけて依頼するのが原則です。

以前こそ、自動車のオークション代行業者はマイナーな存在でしたが、今はオートオークションの充実とともにしっかりした業者が成長し信頼性は高まっていますし、代行手数料など、諸費用もオープンになってきて、使い勝手の良い安心して任せられる代行業者が増えていることは望ましい事です。ダークなイメージが完全に払拭されて成長し、自動車買取専門店を脅かす日が来るのはそう遠い話ではなさそうです。

コメント

コメントを受け付けておりません。