高く車を売る方法

少しでも高く車を売るために、損をしないで車を売るコツを知っておく必要があります。最低限のマナーとして、車を査定に出す前には洗車やワックスを施し、外観だけでなく車内の掃除やマット類、窓ガラスなども綺麗にして査定をしてもらうようにしましょう。普段からの心がけも大切なことです。買取業者にはそれぞれに得意分野があります。同じ車でも欲しい店といらない店があり、売れる車を欲しがっています。たくさんの情報から自分の車を欲しがっている店を多く見つけて比較し、売り急がないことが重要だと思います。

年式と走行距離

走行距離や年式は査定額に大きく影響してきます。走行距離が短くて年式が新しいほど高値の査定になりますが、走行距離が10万キロ以上で年式が10年以上の車でも、車の状態、車種、人気度などで思わぬ高値で買い取ってもらえる場合もあります。走行距離が10万キロ以下で年式も10年以下の走行距離が短くて年式も新しい車は、いくつかの業者へ見積をしてもらう方法が高値がつくようです。走行距離が10万キロ前後で年式が10年前後の車は、見積り価格に差が出やすいようで、廃車をすすめてくる業者もあれば、高値で買取りしたいという業者もでてくるようです。

車検は通さないで売る

車の買取りをしてもらうときに、車検があるのかないのかで価格が変わってくるのか気になるところです。車の売却に際しては、車検が切れる直前に売却するのが1番良いのですが、タイミングが難しいものです。査定のときに車検が数ヶ月で切れてしまう車と新たに車検を通した車の査定金額はそれほど差がありません。新たに車検を通した費用が、査定金額に上乗せされることは基本的にないことです。査定額アップを目的でわざわざ車検を通すのであれば、車検を通さないで売却してしまうほうが良い選択と言えます。

車は修理しないで売る

事故に遭った車を売る場合、新車ならば修理して元の状態に戻して売れば高値で売れる場合もあります。ただし、事故車を売る場合の注意点として車を修理して売るとき、修理代金があまりにも高くなってしまい損をしてしまう可能性もあります。修理しないで売ってしまったほうが得をする場合もあるのです。一般的には修理をしないで車を売ることが1番得をするといわれています。車の場合、どこが壊れたかにより査定額が変わってきます。修理をする前に修理工場でチェックをしてもらってから、直すかそのまま売るか判断しましょう。

車を売るタイミング

車を高値で買い取ってくれる時期は、3月、4月と言われています。免許を取り立ての人が、購入を考える時期でもあります。買取業者もある程度の金額を出しても中古車を揃えておきたいのです。また、ボーナス時期も、乗り換えなどを考える時期なので買取額が多少高くなる可能性もあります。要するに人が欲しがる時期に車を手放すのが1番のタイミングといえます。売却を考えているのであれば、この時期になる数ヶ月前から下調べや見積もり比較をしておくと、高く売るチャンスを逃さずに売ることができるでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。