中古車の査定ではここを見る

sports2車買取の際に、査定士が見るポイントが決まっております。車種や年式である程度その車の相場は決まってますが、同じ年代に販売された車種だからといって、同じ買取額にはなりません。価格が相場に対して上下するのは、何が分け目になるのでしょうか。それを査定士がチェックしているというわけです。具体的にどうった点を見ているのか、詳しく説明していきます。

外装と内装

当然、車の状態の良し悪しが何よりの査定ポイントになります。通常は、外装と内装のどちらも無傷であることが標準となります。何か問題があれば、そこから減点されていくというわけです。

例えば外装ですと、ヘコミやキズがないか、ボディの汚れははないか、ドアや窓は不具合なく開閉できるかなどが査定項目に含まれます。ただし、日常的についてしまうようなキズであれば、さほどマイナス要素にはなりません。というのも、買取業者は簡単なキズやへこみはすぐに直せるからです。よって、あくまで気を付けなければならないのは、修復することが困難な跡になります。

内装ももちろん重要です。シートに切れ目やタバコの焦げ跡がないか、スムーズに倒したり起こしたりできるか、ドアの内側にはキズや何かを貼った跡がないか、などです。また最も重要とされているのがニオイです。ペットを飼っている人はそのニオイが染みついていないか、普段香水を使う人はそのニオイが残っていないのかも確認されます。

オプションや装備品

その車のオプションや装備品も重要なチェック項目です。特に、純性オプションなどの装備品が有るか無いかで、車の査定金額が変わってきます。サンルーフやエアロパーツ、カーナビ等、純正のオプションが付いているだけで、それらがない状態に比べ高額の買取となる可能性があります。オプション品の、保証書や取扱説明書があれば、いっそう評価は高くなるでしょう。

逆に純正のものではなく、自分で取りつけた社外品ですと評価が上がるとは限りません。その車に合ったものであれば、プラスの査定をしてもらえるかもしれません。しかし、車に合っていなかったり、そのオプションを付けたことにより車本体にキズが付いてしまっている場合は、マイナスになる可能性がありますので、注意が必要です。

修理歴や事故歴はマイナス評価、改造は場合による

修理歴や事故歴がある車は、当然マイナスの評価となってしまいます。修理歴に関しては、過去に大きな事故で車が破損し、修理費が30万円以上かかったことがある場合などは、大きく減額されてしまいます。また交通事故を起こした車も減額の対象となります。やはり事故があった車は買い手もなかなかつきにくいですし、売りにくくなるからです。

改造したことがある車は評価が分かれます。その車の性能が大幅に上がるような改造であれば、査定額が上がる可能性があります。ただし、車検に対応していないようなパーツを積むような改造であれば、マイナス査定の原因となってしまいます。行き過ぎて、違法改造になっている場合は、買取すらしてもらえません。

つまり、新車として購入した時の状態に近ければ近いほど、査定が良くなります。どんな商品でもそうですが、新品同様であればあるほど元値に近い金額で買い取ってくれるものです。そこに、買い手が喜ぶようなオプション要素が加わっていれば、プラスの評価となるというわけです。車買取を考えている人は、是非参考にしてください。

コメント

コメントを受け付けておりません。