車買取してもらう前にやるべきこと

jim車を買い取ってもらう場合に、なるべく高くなるようにやっておきたいことがあります。それは車の相場を知ること、自分の車の状態を少しでも良くすること、必要な書類を用紙すること、この三つです。事前の準備をしっかりしておけば、取引はスムーズになりますし、良い売買契約を交わすことができます。それぞれ詳しく説明していきましょう。


自分の車の一般的な買取価格を知っておく

まずは、自分の車を売る時の一般的な相場価格を把握しておきましょう。調べ方は簡単です。インターネットで相場価格を提示してくれるサイトがあるので、それを利用するだけです。そこでは、メーカー、車種、年式を入力するだけで、買取価格がわかりますので、とても手軽です。あくまで参考価格なのですが、実際には相場価格より高く売れることも、安くなってしまうこともあります。その場合は、何が優れているのか、どこが劣っているのかを確認する目安にもなりますので、把握しておくだけでも一つの武器になります。

もっと詳しく知りたいという場合は、複数の業者に一括見積もりを依頼しましょう。ここでは、車種の情報だけではなく、排気量や走行距離、車体色、車検有効期限なども入力できるので、より詳しい買取価格がわかります。ただ、一括見積もりを依頼すると、依頼した翌日に着信が40件近くあったなどの体験談もあります。できるだけ、時間がある時に行うようにいたしましょう。電話での対応は時間がかかるので、時間が取れない人は事前にメールだけで連絡してほしいなどの要望を伝えておくのも大切です。

少しでも高く売るために整備は欠かせない

中古車を売ることになりますので、出来る限り綺麗に見せることも欠かせません。査定する人も人間なので、より好印象を与えられるように、外観はもちろんのこと、車内も清掃しておきましょう。

まずは外観については、洗車とワックスがけは欠かさないようにしましょう。何なら洗車専門店に依頼するのも一つの手です。1万円程度でできるので、それで査定価格が上がるのであれば安いのものです。車内についても、掃除機をかけたり、トランクの中や収納ボックスも綺麗にしておきましょう。また、ニオイがあることは査定に大きく響きます。もしタバコのや香水のニオイがある場合は、脱臭剤を使ってください。決して別のニオイでごまかすようなことはしてはいけません。

意外と多い、必要書類

買取店に行く前に用意しておく書類がたくさんあります。車検証、自賠責保険納入証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書です。また実印も必要です。これらは事前に取得できるものなので、必ず手に入れておきましょう。

売買契約を交わす際に、お店の方が用意してくれる書類もあります。譲渡証明書と委任状や所有権解除のための書類です。これらを含めると、必要書類はかなり多くなります。車は高価な商品なので、それに準じて手続きも慎重になるのです。

今回紹介した、3つのことをやっておくと、買取店とのやり取りはスムーズに進むでしょう。車の売買は、一日で終わるような単純な作業ではないので、いかに無駄な時間をかけずに取引するかが重要になります。事前の準備はしっかりしておきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。